こんにちは、やすです。

 

 

今回はヤフオクで入札されやすい商品写真の特徴とその撮り方についてお伝えします。

 

 

高値で売り切るための5つのポイントでも説明しましたが、商品を高値で売るための

 

大事なポイントの一つとして商品写真があげられます。

 

 

 

皆さんがネットオークションで洋服などを買う時、

 

商品写真が掲載されていなかったら買いませんよね?(笑)

 

 

 

商品写真は、『商品は何か』、『商品のイメージ』を伝える大切な手段です。

 

 

しかし、この写真の撮り方によって落札者の商品に対する認識は大きく左右されます。

 

 

 

では、どのような写真が入札されやすい写真なのでしょうか?

 

 

 

ポイントは、はっきり明るいシンプルな写真です。

 

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

入札されやすい写真の特徴

1、はっきりした写真

 

はっきりした写真には商品を特定するために重要で、

 

以下のようなポイントが挙げられます。

 

 

  • ピンボケ・ブレがない

 

  • 余白が少ない

 

  • 背景と同化していない

 

 

(左)余白あり (右)余白なし
(左)余白あり (右)余白なし

 

ピンボケやブレがある写真はイメージがとても悪いばかりか、

 

場合によっては商品の誤認が生じ、トラブルの元になります。

 

また商品が小さく余白が多い写真の場合も、商品が特定できず入札につながりにくいです。

 

 

 

また商品が背景と似た系統の色である場合にも、

 

商品がはっきりせずとても見にくい写真になってしまいます。

 

 

2、明るい写真

 

明るい写真は、商品のイメージを良くするために重要です。

 

暗い写真は商品に書かれている文字がよく見えないため、誤認につながります。

 

また明るい写真と比べるとそのイメージは明るい写真の方が

 

断然良く、入札されやすくなります。

 

 

このような写真を撮るためには、照明の当て方に工夫が必要になってきます。

 

 

3、シンプルな写真

 

シンプルな写真は以下のようなポイントがあります。

 

 

  • 商品のみが写っている

 

 

  • 商品に集中できる背景になっている

 

(左)良い例 (右)悪い例
(左)良い例 (右)悪い例

 

このように写真に商品以外のものが写っていると、

 

とても見栄えが悪いです。写真を撮るときは商品以外のものが写り込まない時にしましょう。

 

また背景と同化してはいないけれども、背景の色が目立ちすぎて

商品が見えづらいことがあります。単色の背景を使うことをおすすめします。

 

 

 

撮影方法

 

以上に説明した特徴からおすすめの撮影方法は、

 

撮影キッドを作って撮影しましょう!!!

 

 

以下に具体的な手順をご紹介します。

 

 

準備するもの

 

  • カメラ  (スマホでもOK)

 

カメラの種類はスマホでも十分に綺麗に取れるので問題ありません。

 

 

  • 照明(スマホの照明でもOK)

 

こちらもスマホの照明があれば問題ありませんが、側面から照明を当てるので

 

撮影用のものとは別の照明を用意しておくと良いでしょう。

 

 

  • 白・黒い布 (おすすめは、ユニ○ロのカラーシャツ 300円)

 

商品が背景と同化しないように、白・黒の2種類の布が必要です。

 

また布が意外と高価なため、撮影キッド撮影のためにユニクロのカラーシャツを

 

組み合わせると綺麗な撮影キッドができます。

 

 

撮影方法

 

1、撮影キッドを組み立てる

 

 

撮影キッド
撮影キッド

 

撮影キッドは商品の色の系統によって白・黒の布を用意します。

 

このようにユニクロのTシャツを組み合わせると、とても簡単に

リーズナブルな値段で作成できます。(笑)

 

それぞれ『商品が背景と同化しない色』を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

2、照明を当てる

 

照明は普通に写真をこの状態で撮影し、影や暗いところができた時に

 

補助的なに当ててるようにしましょう。

 

 

必要がない場合は無理に使用する必要はありません!!!

 

 

3、撮影

 

ここまで準備が終わったら、写真の余白を意識しながら撮影しましょう。

 

必要に応じてズームを使うと、商品がより鮮明に撮影できます。

 

 

まとめ

 

ヤフオクで入札されやす写真の特徴は、

 

はっきり明るいシンプルしている写真です。

 

 

またこれらを撮るためには、撮影キッドを作成して撮影しましょう。

 

 

 

この記事を参考にしてガンガン入札を獲得していきましょう。

 

それでは、ヤフオクで入札されやすい商品写真の特徴とその撮り方について記事を終わります。

 

 

もし内容で不明な点やご相談がありましたら

 

お気軽にお問い合わせください。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。