こんにちは、やすです!!!

 

 

今日は面倒なヤフオクの出品を再出品機能を使って瞬時に済ませる方法を紹介していきたいと思います。

 

輸入ビジネスにおいて、ヤフオクの出品ページのクオリティは商品の値段・売り切る速さに大きく影響します。

なので出品ページにはこだわって欲しいのですが、

ここに時間を取られすぎて、核である”商品リサーチ”に時間が取れないのもよくありません。

 

そこで、今回はヤフオクのいくつかの再出品機能を使って出品ページを

作成していく方法について紹介していきます!

 

 

 

再出品する方法

いくつか方法があるのですが、どの方法も「完璧に同じものしか出品できない」わけではなく、

前回作成した出品ページを使用して」前回からマイナーチェンジも加えつつ、

出品ができるというような方法になっています。

 

以下に3種類の方法を紹介していきます!!!

 

 

出品終了後の商品を再出品

ヤフオクで出品終了した商品の出品ページを利用して再度出品する方法になります。

 

まずヤフオクのトップページを開きます。

画面左の『マイオク』をクリックし、『出品終了』をクリックします。

 

 

すると以下のように出品が終了した商品一覧を見ることができます。

再出品したい商品の一番右にある『再出品』をクリックしてください。

 

 

すると、その商品を出品した時と同じ出品ページを利用することができます。

 

 

この方法を使うことで、再度同じ商品を出品する時にほとんど手間をかけずに

商品を出品することができます。

 

 

ヤフオクで出品ページを保存→再度使用する方法

 

またヤフオクでは、一度作った出品ページを保存し、再度使うことができます。

 

 

それはヤフオクの、商品ページを作成して出品する最後に、

以下の画面のように『出品と同時に下書き保存』にチェックを入れてから出品します。

 

 

すると商品を出品する際にカテゴリーを選ぶ際に、以下のように下書きを選択することができます。

 

『下書きを開く』をクリックすると、再度出品ページを利用して出品することができます。

 

 

オークファンを使って商品説明を使い回す方法

 

オークファンを用いた商品説明の作り方に書いてありますが、

オークファンで商品説明を作成した後に、その商品説明を保存して

再度使うことができます!

 

 

 

再出品を使用する際の注意

ヤフオク再出品は「マイナーチェンジ」を加えつつ再出品ができます。

 

場合によってはマイナーチェンジを加えた方がいい場合もあるので、

いくつか再出品する際の注意点を紹介していこうと思います。

 

  • 商品説明に”日付”に関わる記載がないか
  • 落札相場が変わっていないか
  • 開催期間は土日の21~23時になっているか
  • 注目のオークションなどのオプションがどそのまま付いていないか

 

商品説明

まず商品説明をチェックして、説明内に日付に関する記載がないことを確認しましょう。

私は以前「○月○日までは立て込んでいるので、連絡が遅くなります。」

という記載をして、その商品をそのまま再出品したことで落札者に混乱を招いたことがありました・・・

 

価格

また商品の落札相場を今一度チェックして、適切な出品価格に設定し直しましょう!

 

開催期間

再出品して開催期間をそのままにすると、見当はずれな時間に設定されているので、

しっかりとチェックしてから再出品するようにしましょう!

 

オプション

以前の出品で、注目のオークション、その他の目立たせるオプションを使用して

出品ページを作成するとその設定がそのまま残って出品されるので、

勝手にお金がかかって出品されてしまいます。

 

必ずオプションは確認してから再出品してください。

 

 

 

 

以上で面倒なヤフオクの出品を再出品機能を使って瞬時に済ませる方法について終わりたいと思います。

 

 

もし内容で不明な点やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください^^

24時間以内に必ずお返事いたします!!!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。