タイ輸入は激アツでした・・・

 

どうも、やすです。

 

先日10日に渡って新境地タイに仕入れにいきました。

 

数日間タイに何度もタイに足を運んでお店を開拓している人に

アテンドしていただいたのですが、タイ輸入激アツでした・・・

 

タイへの行き方

 

ぼくは現在も横浜に住んでいるので、成田空港からタイのドンムンアン空港へいきました。

 

使った航空会社はあまり知られていませんが、スクート航空という航空会社。

 

1ヶ月以上前に予約すると、なんと往復2万円強でタイにいくことができます。

 

この航空会社がなんとも激安でして、2・3週間前の予約でも往復で2.5万円程度です。

 

 

またタイについてから、都心部までいくのは今回鉄道と地下鉄でいきましたが、

それぞれ、鉄道10バーツ(日本円で35円)地下鉄30バーツ(100円)程度。

 

タクシーを使っても300~500バーツ程度です。

 

東京ー大阪間くらいの料金でタイにいけちゃうんですね!!!

 

 

タイの市街の様子

 

タイでは首都のバンコクに滞在。

 

今回タイに行くのも初めてだったのですが、バンコクはかなり発展してるなという印象でした。

 

地下鉄のインフラも整っていて、ホームも乗り場もめちゃくちゃ綺麗です。

 

券売機でチケットのようなチップ(チケット代わり)を購入して改札を通るか、Suicaのようなカードを購入してタッチで通ることができます。

 

大体10駅くらいで150円くらいです。

 

日本の地下鉄の1駅の料金・・・

 

他にもバスや水上バスがあって、端からはじまでのって大体50円程度と格安です。

 

 

バンコク市内にはショッピングモールもたくさんあって、ISETANのビルもあるほど発展してました・・・

 

ここはターミナル21という、日本でいうサンシャイン池袋のようなビルなのですが、

「日本のビルよりきれいなのでは!?」と思うほど、お店のラインナップでした。

 

 

 

またタイ料理も個人差があると思いますが、めちゃくちゃ美味しかったです。

場所によりますが、ローカルなお店に入れば1食100~200円程度でお腹いっぱいに食べれます。

 

また滞在している日本人が多いのか、日本食レストランもいたるところにありました。

 

タイ商品の仕入れの様子

 

仕入れはバンコクの中にある普通のショッピングモールの中にあるお店で仕入れをしました。笑

 

ただ、この仕入先もショッピングモール内のどのお店も仕入れに適している訳ではありません。

 

価格が安かったり、品質がいいお店は限られています。今回は知る人ぞ知る名店に特別に案内していただきました。

(普通にきたら、他のお店と全く区別がつかず、スルーしてしまうくらい普通のお店です。)

 

 

そして肝心のタイ商品はどうなのかといいますと・・・

 

 

 

どっさりと買ってきました(笑)

正直僕自身も買い付けに夢中になりすぎて、ここに写っているのはほんの一部です。

 

今回革製品をメインで購入して、シルバー、アパレルはそこそこ購入したのですが、革製品はどれもヤフーでも1円出品でも利益率20〜30%高いもので原価の10倍(5〜30万)で売れている商品がごろごろしています

 

最低でも原価で売れている商品しかありません。

 

またタイで有名な商品は、革製品、シルバーアクセサリー、アパレル商品です!

 

タイでしか手に入らない、ワニや蛇、エイ革といった商品がタイには目白押しです。

 

 

そして、買い付けをした翌日、大量に買い付けをしたこともありこのお店の工場にまで足を運ぶことができました!!!

 

 

大量のワニ革!!!

 

 

もちろんこちらの革単体でも相当高額で売れています。

(オークファンで検索ください!)

 

オーナーのコレクション。笑

 

 

また、週末のみ開催しているウィークエンドマーケットにもいってきました。

 

ただここの広さとお店の数は異常で、マップで調べるとマップが役に立たないくらい、お店で埋め尽くされています。笑

 

 

 

現地の人にも聞くと、お店をいくつかみて歩いていたら丸々2日かけて見切れるほどの広さだそうです・・・

 

仕入れ以外にもお土産や美味しいタイ料理もたくさんあるので、観光にもぴったりです。

 

 

ここでも、普段は案内していただけないような品質・値段よしのお店へ!

 

10日間での滞在で2回土日があったので、1回目の土日で財布を10個オーダーして、次の土日に取りにいくという、弾丸OEMをすることもできました!笑

 

 

今回の仕入れでは個人では総額30〜50万円くらいの仕入れをすることができてめちゃくちゃ満足です!

 

 

行ってみて思った思ったタイ輸入の参入障壁

 

タイ輸入は本当に穴場です。ライバルはいますが、本当に少ないです。

 

ヤフオク、アマゾンなど見ていてもタイ商品を扱っている人は、

欧米や中国輸入の商品と比較すると、そのライバルの数は天と地くらい差があります。

 

 

その理由は1度はタイに行かなくては仕入れができないということ。

(2回目以降は代行業者やLINEでオーナーに直接注文できます。)

 

それと1番の障壁はいい仕入れのお店は限られているということです。

 

 

 

革製品やシルバー商品は今回購入したお店以外にもたくさん売っています。

ただいかんせん品質が悪い、価格が高い、オーダーに時間がかかるといったお店もたくさんありました。というよりこういったお店が大半です。

 

 

なのでいいお店があらかじめ分かっていればスムーズに買い付けができます。

でも分かっていなければタイのお店を1ヶ月程度回ってやっといいお店に気がつくことができます。

 

 

つまりいいお店を発見するまでに最低でも1ヶ月はタイでお店探しをしなくてはなりません。

 

 

タイに行くというのでも障壁がある人がいるのに、そこでいいお店を1ヶ月もかけて探すなんて・・・

 

 

 

タイ輸入の参入障壁がいかに高いかがわかると思います。

 

「タイ輸入がライバルいないからタイに仕入れに行ってみよう!」という

安易な考えで闇雲にタイで行っては絶対にいけません。

 

もし行くのであれば、僕に一言連絡をしていただけたら、ブログでは書けないお話もしますのでお声掛けください。

 

 

まとめ

 

 

  • タイ輸入はブルーオーシャン!
  • タイ商品は利益率が高すぎる。
  • タイのご飯はとっても美味しいし、都会は日本のように発展してるので快適。

 

 

タイ輸入のコンテンツをこれからどんどん作っていきます。

 

そして、タイツアーの開催を9月の後半に予定しています。

案内はメルマガ・LINE@で行なうつもりですので、まだ登録していない方は是非登録してくださいね^^

 

参加人数は10名弱にするつもりですが既に4人程度の参加表明がありますので、もし今の時点でタイ輸入を考えている場合はLINEからでもお声かけください^^

 

 

ではでは^^