タイ輸入で超便利!仕入れ時にインストールしておくべきアプリ7選

どうも、やすです!

このページではタイ仕入れ時にインストールしておくと便利なアプリについて紹介します。

現地に行くと日本とは異なりタイ語や英語で溢れかえっていたり、慣れない土地で土地勘もない中歩き回らないといけないので、しっかり準備していないとちょっとパニックになります。

場所や交通手段などにインストールしていると、様々なシチュエーションでとっても便利ですので、ぜひインストールしておいてください!

タイ仕入れでインストールしておくべきアプリ7選

 

タイ仕入れでインストールしておくべきアプリはこちらの7つになります。

maps.me

こちらはオフライン利用できる地図アプリになります。

タイはWifi環境が整っているのですが、オンラインの地図アプリはバッテリーの消耗が激しいのと、通信料もかなり使うのでちょっと使いにくかったりします。

あらかじめ該当地域の地図をダウンロードしておく必要がありますが、ダウンロードしておくと、非常に便利です。

以下の「地図をダウンロード」をしておくとオフラインで使えます!

タイ路線図

タイ路線図はバンコク市内の電車の路線図をみることができます。

慣れてない土地ですと、電車にのってもどの駅で降りるのかわからなくなったり、仕入れ場所の駅がわからなくなったりします。

仕入れ中もこのアプリがあると、利用する駅が非常にわかりやすいのでおすすめです。

Chatuchak Guide

チャトチャックウィークエンドマーケットに行くのであれば必須です。

チャトチャック市場は非常に広く、2日がかりでやっと回れるほどの広さです。市場内には居場所を示す住所がありますが、このアプリがあると住所を確認することができます。

また2回目にお店に行くときは、以下の検索欄にお店の名前を入れるとお店の場所を検索してくれます!!!

チャトチャックの仕入れに行く際は必須です!

今回は「Sakai wood」というお店を検索。

検索に出てきたので、地図マークをクリックします。

以下のようにお店の場所がでてきます!

Google翻訳

タイの人は英語を喋れる人もいますが、ほとんどの人はタイ語しか喋れません。通訳を連れて行けばいいですが、そうでない場合はGoogle翻訳の「会話」の機能を使うと、タイ語と日本語をスムーズに翻訳してくれ、音声でも喋ってくれます!

日本語を話すと、英語に自動的に翻訳してくれて音声で話してくれます。

Grab

Grabはタクシーを呼べるアプリです。

タイの路上にはたくさんタクシーが走っていますが、ドライバーに英語かタイ語で目的地を話し合わなくてはいけません。また中にはボッタクリのタクシードライバーもいるので、ちょっとした交渉力と度胸がないとぼったくられることもしばしば。

そこでこのgrabを使うと、現在地と目的地をあらかじめアプリ上で指定することで、お金のやり取りも会話のやり取りもなくタクシーに乗ることができます。

アプリを起動して、目的地を入力するとでドライバーに連絡がいきドライバーが迎えにきてくれます。全く話さなくても、ぼったくりなく安全にタクシーに乗れる点でとても便利です!

MEMO

Grabは近くにドライバーがいない場合はちょっと時間がかかります。

Google翻訳と地図アプリを使って「I want to go this place!」と目的地を伝えることができれば、路上のタクシーを使っても問題なしです!

Airbnb

タイで滞在先を見つける際にはとっても便利です。

価格、部屋のタイプなどで絞り込めて、地図を使って場所も指定できますので、非常に使い勝手がいいです!

Booking.com

Airbnbと同じく、タイでの滞在先を見つけるのに便利です!こっちの方がホテルやドミトリーで泊まれるホステルがたくさんでてきます!

Airbnbと同様に価格、部屋のタイプなどで絞り込めて、地図でも絞り込めます!

まとめ

タイに実際に仕入れにいくと、小道がたくさんあったり路線がよくわからなかったりと、道にかなり迷います。

現地でアプリをインストールしたり、調べたりすると暑い中かなり大変ですのであらかじめ位置の把握・移動・ホテル、それぞれを準備しておきましょう!