amazon販売で必要な出品用アカウントの登録方法を徹底解説

 

こんにちは、やすです!

 

アマゾン販売をする時にまず始めに必要になるのが、アマゾンの出品アカウントです。

普段アマゾンを使って買い物をしている人はすでに無料で会員登録していたり、プライム会員として登録しているかもしれません。

 

僕は普段の日用品に至ってはほぼ全てアマゾンで買い物していて「すでに登録すんでるから、もう登録する必要ないじゃん。」って思ってたんですけど、これが大きな勘違い。

アマゾンで商品を販売するには、購入用のアカウントにさらに出品用の登録をする必要があるんです!

 

 

で、この作成方法がちょっと分かりにくい。

 

 

なので、この記事ではアマゾンの出品用アカウントの登録方法をくわーしく紹介していきたいと思います!

ババっと登録しちゃいましょう^^

 

アマゾンの出品の種類

 

アマゾンの出品アカウントは2種類あって、小口出品と大口出品の2種類があります。

 

はじめに言うと、登録は必ず大口出品で登録していきます。

 

合わせて読みたい記事
アマゾン販売で大口出品で販売した方がよい5つの理由(準備中)

 

大口出品では月額4900円かかりますが、アマゾン販売で月10万円以上を目指していくのであれば、圧倒的に大口出品の方がメリットが多いです。

 

MEMO

月額料金がかかるので、出品用アカウントに登録するのは出品する商品を仕入れる直前に登録するのが、経費を抑えられて一番いいタイミングです。

出品アカウントの登録手順

 

まずアマゾン出品サービスのホームページを開いて、【今すぐ登録する】をクリックします。

 

 

購入用のアカウントを持っている場合は、そのアカウント登録の情報を入力。持っていない場合は以下の情報を入力して【Amazonアカウントを作成】をクリックします。

 

 

居住国『日本』、正式名称/販売業者名『あなたの名前』を入力。

出品規約にチェックを入れて【次へ】をクリック。

 

 

次の出品者情報の登録ですが、店舗名を入力しなくてはいけません。

 

 

店舗名は何かっていうと、アマゾンの購入ページのこの名前です。

 

 

 

店舗名は購入者からすると普段ほとんど注目されないので、店舗名が直接売り上げに関わることは少ないと思います。(極端に変な名前をつけた場合は別ですが。)

 

後で変更することもできるので、とりあえずつけておいて、なんとなくいい名前が思い浮かんだら更新すればいいと思います!

 

MEMO

よくあるのは、『〇〇 shop』『〇〇 本店』『安心の〇〇』『24時間営業!〇〇』『即日発送!〇〇』みたいに、ショップの名前でメリットを出してくる人もいます。

ただ個人的には、自分がかっこいいって思ったり、愛着が湧きそうな名前をつけることをおすすめします。長く販売をして、売り上げが立ってくると徐々に自分のショップにも愛着が湧いてくるもので、名前もお気に入りの名前の方が間違いなくテンションが上がりますよ^^

 

 

電話番号は『+81』となっていますが、この番号がついていたら電話番号にはじめの0を抜いて入力します。

080-1111-2222であれば、+81-80-1111-2222というように入力します。

 

『次へ』をクリックして、クレジットカードと銀行口座の情報を入力していきます!

 

 

 

次に販売する商品情報を入力していきます。

 

 

UPCやJANという言葉は、登録の段階ではまだ理解する必要がないので、ここでは【いいえ】をクリック。

『自社ブランド化し生産していますか?』の質問は【一部】。

『出品する商品数』は、初めは【11~100】を選べば間違いないです。

 

合わせて読みたい記事

JANコードの取得方法を解説します(準備中)

 

次に商品のカテゴリーを選択するページに移りますが、商品の種類はリサーチをしてからでもいいので、ここでは【スキップする】をクリックして登録を完了させましょう。

 

 

注意

このスキップするをクリックした段階で、アマゾン大口出品のアカウントが作成され月額料金が発生します!

登録時期の目安は、仕入れる商品が5~10種類ほど見つかってからアカウントをすると月額料金に初めの無駄がないです。

『特定商取引法に基づく表示』を設定

 

登録が完了したら、『特定商取引法に基づく表示』を設定する必要があります。

 

なんなか難しい言葉が出てきてしまいましたが、これはつまり『ネット上の取引ではトラブルが多いので、身元の情報を掲載しましょう』ってことです。

 

以下の事項を購入者が閲覧できるページに記載する必要があります。

 

  • 事業者の氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 代表者名または責任者の氏名

 

まず、アマゾンのセラーセントラルのページからログインします。

画面右上の『設定』から、『情報・ポリシー』を選択。

 

 

『出品者情報』をクリック。

 

 

以下のように入力画面が出てくるので、ここに先ほどの情報を入力していきます。

 

 

テンプレート

【特定商品取引法に基づく表示】

所在地 :

電話番号 :

Eメール :

代表者名 :

***お問い合わせに関して***
特定商取引法に基づく表記で電話番号を記載しておりますが、弊社は原則お電話でのお問い合わせには対応しておりません。
ご不明点等ございましたら、アマゾンカスタマーサービスより注文番号をご記入の上、お問い合わせ下さい。

 

中国商品をアマゾンで販売する場合、商品の中に不良品が一定数混入しています。

本当は一人一人に対して電話対応をして行くのが一番いいと思うのですが、不良品を全て電話対応をしていると、すっごく時間がかかるし、相手方にすぐに対応できないことがあります。

 

なので基本的に商品に対してのお問い合わせは、アマゾンを通じたテキスト形式で送ってもらうようにしましょう。

 

以上でアマゾンの登録はすべて終了です。

 

アマゾンの登録のページって年に1・2回は変わるので、もしこのサイトの情報があなたが登録しているページと異なる場合は、ご連絡ください!

更新させていただきます^^

まとめ

まとめ
  • アマゾンの出品用アカウントは大口出品を選ぶ。
  • アカウントの登録は、商品が5~10種類見つかった仕入れ前に登録数すると経費に無駄がないのでおすすめ!

 

 

ではでは^^