輸入ビジネスでは輸入する商品が「どれくらい利益をあげられるのか?」と言う利益額をあらかじめ計算してから商品を仕入れることが、ビジネスを進めたいく上ではとても重要です。

 

以下は参考は大まかな商品を仕入れるまでの流れです。

 

 

この「儲かるか?」という計算をしっかりしないで、見切り発車で商品を輸入していしますと思わぬ赤字につながってしまします。なので、輸入する前にどのくらいの利益が出るのかをチェックしていきましょう!!!

 

初めに、大まかな基準だけ伝えておきますと、

 

【eBayからの購入価格】=【ヤフオクでの予想販売価格】×0.7~0.8

 

がおおよそ利益が出始める価格となります。

 

 

儲かる商品のチェック方法

 

儲かる商品のチェックはとっても単縦な計算です。

 

【売り上げ】>【経費】

 

以上の計算すれば良いのです!!!

 

今回の輸入ビジネスでかかる経費は以下のようになります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ詳しく見ていきます!

 

落札価格

落札価格は商品がヤフオクで落札された価格になります。

 

仕入れの前にこの価格は正確には予想することはできませんが、オークファンから需要・供給をチェックした際に、過去30日間で売れた商品でもっとも安値で売れている商品の値段を参考にしましょう!!!1

 

もっとも安い商品に明らかな欠陥があって、他の商品よりも著しく価格が低い場合は除いて構いませんが、ここで予想販売価格を高く見積もると、商品相場が下がったりした場合にかなり危険です。

 

必ず最安で売れた値段で計算しましょう!

 

商品本体の代金

eBayで商品の検索ページに生じされている商品本体の代金になります。

下に表示されている【Approximately  JPY 11,888】はその商品を日本円に換算下時のおおよその値段になります。その時の為替によって影響を受けるので、おおよそになります!

 

送料

海外から日本に商品の送ってもらう時の代金になります。

この時【FREE】と表示してあるものもありますが、送料無料という意味です。

 

消費税

【商品本体代金+送料】8%の消費税がかかります。

 

ヤフオク手数料

ヤフオクで商品が落札されるとヤフオクの使用料として、

本体の落札価格の8.64%がヤフオク使用料としてかかります。

 

送料を落札者負担にしている場合も、本体の落札価格のみに使用料がかかります。

 

関税

海外から輸入する商品には、日本国内に商品を輸入する際に関税がかかってきます。

 

関税の計算はやや複雑ですが、ここをしっかり理解しないまま仕入れると思わぬ赤字を招く場合があるので、しっかりと計算していきましょう!!!

 

個人で仕入れた商品に関しては、以下の基準で課税、非課税が決定されます。

 

課税

  • 商用として仕入れた場合

 

非課税

  • 個人用として仕入れた
  • 課税対象価格10,000円以下の場合

 

ヤフオクで販売する目的で商品を輸入すると、もちろん商用なので課税されます。しかし、この商用・個人用の判断は税関によるので明確なことはわかりませんが、印象としては、個人用として判断される場合が多い気がします。

関税必ずいれて計算するようにしましょう!!!

特に革製品には要注意です!!! 税率30%とかなり高いです!!!」(靴などで一部に革があっても課税されることがあります・・・)

 

関税については以下のリンクで詳しく説明していますのでこちらを参考にしてください!

輸入ビジネスにおける関税はこちら

 

 

 

 

以上のような経費を細かくチェックしていき、【売り上げ】から【経費】を引いた値段が利益になります。

この計算を商品を輸入する前に必ず行いましょう!!!

 

 

また商品検索の段階で、おおよその利益を知りたい場合は、

【eBayからの購入価格】=【ヤフオクでの予想販売価格】×0.7~0.8

を参考にすると、おおよその目安となりますので参考にして見てください。

 

 

それでは、輸入品がチェックする商品かどうかチェックする方法について終わりたいと思います。

 

もし内容で不明な点やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください^^

24時間以内に必ずお返事いたします!!!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。