プロフィール

 

はじめまして、やすです。

この度は、ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

僕はスポーツと自然をこよなく愛する、猪突猛進な大学院生です。まず簡単にですが、自己紹介します。

 

PROFILE

名前:やす

年齢: 24歳 (1992年生まれ)

生まれ・住まい:横浜(生まれてからずっと、生粋の浜っ子!)

趣味:旅行/バスケ/ラクロス/読書/ゲーム/のんびり散歩  etc.

性格:猪突猛進/無理しがち/コツコツ/いじられキャラ

職業:大学院生/粉体の研究

好きな言葉: 「努力は報われる。そうじゃない。報われるまで努力するんだ! by メッシ」

 

そんな私ですが、今年で24歳、大学院2年生!!!就活して企業に内定もらってると思いきや・・・

僕は就活という人生の岐路で、様々な人の人生に触れた結果、

 

 

自分の好きな人生を送ってみたい!

お金・時間に縛られて人生を過ごしたくない!

世界各国を飛び回ってみたい!!!

起業して自分でビジネスする力をしたい!

 

 

という思いから、2016年12月から研究と就職活動の傍にネットでできる「輸入ビジネス」を始め、開始3ヶ月後には月収38万円をもらえるスキルを身につけました。

 

さらに翌月にはビジネスを仕組み化することで、半自動でほぼ手を加えずに”生活の基盤”となるお金を手に入れることができました。あまりにもスムーズに成功し、今後さらに拡大できる感覚をつかむことができたので、完全に独立していこうかどうか迷っています。。。

 

そこで今年は就活せずに大学院を1年休学し、ビジネスで稼いだお金でオーストラリアなど場所を変え海外に行き、様々な人・土地・環境の中で将来を考えることにしました!!!

 

ただ今でこそ、自分でビジネスできる力を身につけましたが、そもそもコツコツ物事を進めることが自分にあっていた自分には、「起業する」「ビジネスを始める」ことにいわれのない不安があり、ビジネスを始めるとは思っていませんでした。(初めてみると、ビジネスはコツコツ努力していく人に向いていることがわかったのですが・・・)

 

しかし、就職を機に将来を本気で考え始めた結果、会社に就職して毎日同じ日々を過ごし、固定の給料しかもらえない生活・それが故に疲弊した毎日を送ることを想像すると、それは自分にとって精神的にとても窮屈で、全く魅力的な人生ではありませんでした。

 

今のままでは会社で同じ毎日しか過ごせない・・・

将来自分の人生を振り返った時に、このまま過ごしては自分の人生にとって大きな後悔になるのではないかと思い始めました。なので不安も大きかったですが、個人でもできる輸入ビジネスを始めるに至り、ビジネスをコツコツと進めた結果、成功を収めることができました。

 

このプロフィールでは『なぜビジネスを始めるに至ったか?』『どのようにして成功していったのか?』など、自分の考え方の転機なども合わせて紹介して行きたいと思います。

ちょっとお付き合いいただけると嬉しいです。

 

体も心も、そして恋も砕け散った高校時代

小中高と地元の公立学校に進学。

 

小学校3年生の夏、バスケ漫画「スラムダンク」に影響され、地元のバスケチームに入部。学校が終わるとひたすらシュートを打っていたおかげで、友達のいない小学校時代を送り、中・高でもバスケをしまくり、猪突猛進な姿勢からキャプテンを務めていました。(中・高ではなんとか友達できました。笑)

 

しかし高校では、練習のしすぎで3箇所も疲労骨折して手術したり、新型インフルエンザにかかり無理して練習したせいでチームにインフルエンザを流行させ、それが原因で公式戦を欠場させてキャプテンを辞めさせられ、顧問から「無責任キャプテン」という言葉とレッテルをいただきました。(ボロボロでしたが大きく成長できました。飯塚先生ありがとう笑)

しまいには、沖縄修学旅行で好きな人に告白すると必ず成功するという「沖縄マジック」を学年でただ一人失敗。心も体も恋愛もボロボロな高校生活でした。笑

ただその中で大きく気づくことができたもの、それ仲間の素晴らしさです。どんなに体も心もボロボロで、失恋に打ちひしがれていても、励まし笑いあえる仲間がいてくれたおかげで、バスケを続けることができました!(恋愛も続けのちに成功しました!!!)

 

この時から、僕の中には「一緒に何かを目指す仲間を作れる環境に身を置きたい・・・」そんな風に強く思うようになりました。実は今僕がこのブログを書いているのも、そういった”仲間”が欲しいと思っているからなんですが。それはまた後ほど。

 

そんなこんなで高校生活では、文字どおり体も砕け、心も恋愛もボロボロな経験から仲間の素晴らしさを強く感じ、そしてそのままバスケ部を引退、高校も卒業しました。

 

 

お金と時間に追い回された大学時代

 

大学には国立大学に強いこだわりがあり、一年の浪人時代を得て、地元の横浜国立大学に入学することができました。

(大学正門・雑木林の中の大学です)

 

大学では「真剣になれる仲間が欲しい」「真剣にスポーツに打ち込みたい」という気持ちから、面白そうという理由もあり、ラクロスという新しい競技に挑戦することにしました。

 

しかし、この選択には高校生とは違って大きな問題がありました・・・それは、「お金と時間がなさすぎる!!!」ということです。大学生活では自分の使うお金は自分で稼がなくてはいけませんでした。

 

ただラクロスの練習は、平日の朝練が3回/夜練が2回あり、土日も月1回の休みだけ。真剣に上手くなりたいという気持ちも強かったので、練習以外に筋トレ・ラントレ・シュート練習など毎日2~3時間のノルマを自分に課していました・・・

 

さらに理系ということで、9時~17時頃までほぼ毎日授業があり、山のようなレポート・課題が出て、毎日3~4時間の勉強を強いられます・・・ちなみに毎日のスケジュールはこんな感じ。

6:30〜8:30 ラクロス部の朝練

8:50〜17:30 大学の授業

18:00〜24:00 ラクロス自主練 or 課題 or バイト

道具代・遠征代・部費など含めると毎月5万円程度のお金がかかります。さらに大学でもお昼、飲み会、娯楽のお金を合わせると大学生である僕には月々それなりのお金が必要でした・・・

 

そのため、予備校のチューター、飲食店のキッチン、年末年始のスーパー、ピザ屋の宅配、日雇いの重労働、個別指導、バーテンダーなど時給1000円前後のバイトを詰め込んでいました。

 

ただそれでも、普通の生活を送っていてはお金が足りなかったため、毎日家からお米と鳥の胸肉だけをお弁当にして持っていったり、時には水を2L持っていってお腹を満たしたり、さらには洋服をほぼ先輩からもらったり・・・

 

当時はずっとひもじい思いをしていました。

(今思うと底辺の生活を送っていました、辛かった・・・)

 

そんな思いを抱えながらも、部活も、勉強も、アルバイトもコツコツと必死に取り組んだ結果、ラクロス部では主将を任され、学生リーグで個人賞をいただくことができました。勉強もそれなりに頑張っていたので、成績上位者として大学院へ推薦で入学することができ、順風満帆な大学生活を過ごすことができました。

(リーグ戦勝利後、歓喜の様子)

(大規模な集団の”リーダー”という貴重な経験をさせてもらいました)

 

ただ、

 

 

極貧乏だったということを除けば・・・

 

 

大学生活は仲間にも恵まれ、楽しく貴重な経験をすることができた一方で『お金と時間の大切さというものを始めて強く実感しました。

 

やりたいことのためにはお金が必要で、お金を稼ぐために長い時間働かなくてはいけない。しかし、長い時間働くと今度はやりたいことができなくなる。大学生活はなんとか乗り越えましたが、この時から「世の中窮屈だな・・・」と感じ始めるようになります。

 

今考えると、大学時代に「お金と時間の大切さ」を実感することができたからこそ、自分でビジネスをすることの素晴らしさを実感することができ、今の何としても自分の力でお金を稼いでやるぞ!!!というモチベーションに繋がっていると思います。

 

 

考え方が180度変わった大学院

 

大学を卒業後、同大学院に入学し”研究者”としての道 をあゆみ始めました。

(休学中で仲良くしてくれる研究室の同期)

 

また同時に僕の岐路となる、就職活動を開始し始めました。僕は『理系の学生で研究者の道に進んでいる』ということから、『企業で開発・研究をする仕事に就く』のが当たり前だと思っていました。

 

もともと研究者の道に進んだのは、「どうせ仕事するならスポーツをやっている人をサポートできるものを作りたい!」というまっすぐな気持ちと、「研究者になれば、普通よりお金をたくさんもらえる・・・」という気持ちからでした。(笑)

 

お金が欲しいなと思ったのは、

 

  • 3人兄弟で育ってきて楽しかったので、子どもを3人欲しい
  • 旅行にたくさんいって、身近な人と感動を分かち合いたい
  • お嫁さんと素敵なお店でディナーしたい  etc.

 

という好きなことだらけですが、社会人では仕事だけじゃなくて、いろ〜〜〜んな体験をしてみたい!!!でも家族だって大切にして、子どもだっていっぱい欲しいし、友達とも仲良く過ごしていたい。お金が全てではないけども、そのためにお金ってすっごい大事だなって思っていたし、今も思っています。

 

なので、就職したいと思う会社も「やりたいこと」も重視していましたが、特に「年収」にはかなりこだわって会社を選んでいました。年収ランキング上位から企業を選んでピックアップしていき、理系の企業はもちろん、金融や商社などのいわゆる文系企業もピックアップしていきました。

 

 

そして超最大手企業のインターンにいくつか参加させていただいたり、社員の方とのお話を通じて「会社の雰囲気」や「社会人のリアルな生活」を知ることができましたが、そんな中で僕がどうしても嫌だ!!と思ったことがあります。

 

 

それはもらえるお金が時間に比例するということです。

 

 

すでに社会人で働いていいれば、これは当たり前の感覚だと思うのですが、僕にとってはかなり衝撃的でした。なぜなら年収が高い人たちは、初めから「時間あたりの給料が高い」と思っていたからです。しかし、実際には年収の高い企業に勤めている人たちは、確かに普通よりたくさんのお金をもらっていましたが、その収入と同等の長時間労働を強いられていました・・・

 

 

お金を優先すると「時間」がなくなり、時間を優先したとしても今度は「お金」がありません。そんな生活を送ることは絶対に嫌だと思っていましたが、当時、”企業に勤める”以外の選択肢が自分にはなく、今後の時間とお金に付きまとわれる自分の人生にずっと思い悩み続け、そして同時になんて息苦しいんだ!!!」という怒りにも似た気持ちが心の底から湧いてきました。

 

 

「一度きりの人生、本当にこのままでいいのか?」

「他に選択肢はないのか・・・?」

 

 

そんな葛藤をしばらく続けていましたが、そんな現状を変えていける手段を当時の僕は全く知らず、なすすべなく2,3ヶ月思い悩んだ結果、徐々にそういった気持ちも気持ちも薄れてきて、

 

 

ひとまず”時間”は置いといて、”お金”のもらえる会社に就職しよう!!!

やりたいことは仕事を引退したらやろう!!!

 

 

という気持ちになっていました。

そして、業界最大手である金融会社の受かれば内定確実と言われるインターンに2社応募し、2社とも見事に選考をかいくぐることができ、僕の就職活動はあっさり終わって行きました。

 

 

 

これから40年間は”時間”はないが、お金を貯めて”将来”家族とたくさん過ごして、いろいろ経験しよう!」

 

 

 

そんな気持ちで日々を過ごしていたある日、大学時代にお世話になっていた先輩とご飯を食べにいった時に「サマーウォーズのようなおっきな家族が欲しい!そのために起業してお金を稼いでやる!!!」という話を聞く機会がありました。

 

また、その先輩から有名な著書「金持ち父さん、貧乏父さん」を進められ、読んでいると起業個人事業」という選択肢があることを初めて知りました。今思うとこんなにいい選択肢はないのですが、当時の僕にとっては起業のイメージは全くなく、「95%が失敗する「自分にはできっこない」というイメージでした。

 

「もう会社もほぼ決まったし、起業なんてありえない!!」と始めのうちは全く興味がありませんでしたが、しかし自分の中のどこかで、お金と時間に縛られたくないという気持ちが残っていました。

 

 

そこで、”就職”以外の選択を探しに行くために、ゲストハウス・Web制作・プランナー・靴磨き・イベント企画・輸入ビジネス・株・不動産経営・・・様々な手段で起業している人達に、かなり勇気がいりましたが思い切って友人からの紹介やSNSでアポを取って「どのような生活をしているのか?」「どのくらい稼いでいるのか?」話を聞きに行くことにしました。

 

 

するとそこで、企業に勤めたら考えられないくらい、お金と時間にとらわれない生き方をしている人達に出会うことができました。自分好きな時に働き、好きな時に好きなことをしている人たち。「こんな自由な働き方をして、好きなだけ稼ぎたい!! 好きな時に旅に行きたい!!!」

 

この働き方だ!!!」と心の底から思いました。

 

 

そしてさらに、その内の何人かから僕の考え方を180度ひっくり返す言葉を聞きました。

“仕事は夢のための手段”

今でも一番大切にしている価値観で、本当にしっくりきました。

 

この言葉は「一度きりの人生、本当にこのままでいいのか?」と以前思い悩んでいた僕の気持ちを一掃してくれ、一旦は「やりたいことを後回しにして、お金を稼ごう」と思っていましたが、この言葉に出会って、「自分のやりいことのために生き抜いていきたい!!!」と強く思うようになりました。

 

 

また一方で、いざ自分で起業することを考えた時に、「もし失敗したら・・・」「稼げなかったら・・・」という恐れもこの時よりリアルに感じ、学校や就職をやめて起業することにためらいを覚えました・・・

 

 

そこで僕が出した答えは両方の道を全力で進んで見よう!!!でした。

 

 

研究者として研究し、企業に就職しながら起業して自営業者としても生きて行く。

両方を全力で取り組んで行くという考えに至りました。

 

 

そう考えて出してからはすぐに「自分でできることはないか?成功していて教えてくれる人はいないか?」と探し回った結果、意外なところにそのチャンスがころがっていました。

 

当時僕は地元のバーでバーテンダーとしてバイトをしていたのですが、お店の経営者の方が「輸入ビジネス」で成功し、起業していたのです!

(最高にオシャレなバーでした!)            (スタッフでくつろいでいる様子)

 

「この人しかいない!!!」と直感で思い、すぐにホームページを探し、メルマガに登録。翌日にはすぐに連絡を取って輸入ビジネスについてのイロハを教わり始めました。

 

内容は、eBayという海外サイトのオークションサイトから商品を仕入れて、ヤフオクで販売するという至ってシンプルなものです。

 

海外からものを輸入するということで、「英語読めるのか?」「輸入って本当に届くの?」「関税はどうなっているの?」などなど、開始当初は疑問点だらけで、

 

本当にビジネスとして利益を出せるのか?」「失敗するのでは?」とまだまだ半信半疑でしたが、インターンや研究の合間を縫って、毎日作業をコツコツと積み重ねていった結果、実施して3ヶ月目に月収38万円。

 

表現が悪いですが、大学時代の同期が正社員として1ヶ月まともに働いて、平日1日中働いてもらう給料が20万円。

 

「・・・・???」

いまいち理解のできない金額のお金だけが手元に残りました。

 

そして翌月も行なっていた作業の外注化を進めていき、半自動化できる仕組みを作ることでさらに半分の時間で月25万円。当然作業しない日もありましたし、平均すると1日1~2時間の作業時間です。

多くの人は、月に25万円を稼ぐためには会社に朝から夜まで勤めなくては稼げない金額だと思いますが、日々の合間の時間で、それだけのお金を手に入れることができました。

 

 

「ん、これを拡大していけば、お金と時間にとらわれず、旅をしたり、家族と長い時間一緒にいれて、ハッピーに過ごせるのでは・・・?」

 

 

初めの半信半疑な気持ちとは裏腹に、得られた結果を見たとき、このビジネスに対する不安や胡散臭さは消え、ビジネスを持つことで広がる将来の選択肢に、なんとも言えないワクワク感を持つことができました。。。

 

 

 

現在の僕と今後の展望

 

現在、僕はまだ大学院生ですが、お金と時間に縛られない自由な選択肢を手に入れつつあり、就職するか、このまま独立するか、本気で迷っています。

 

そこでとりあえず大学を1年休学し、選択を先延ばしにするとともに、「素晴らしい景色を見て、いろんな人に会いに行く」ため、ビジネスで稼いだお金で、オーストラリアに留学に行きます。

 

 

次の目標はオーストラリアにいる間にもビジネスを拡大させ、月収100万円を目指しパソコン1台で様々な土地をめぐる”旅びと”になることです。

 

 

そして、情報発信を通じて、”自分の生き方”や”人生の進路”に迷っている人に僕が得たスキルを伝え、「将来たくさんの選択肢を持てる人」「理想の将来に一緒に向かっていける人」をサポートし、育て、苦楽を共にしてゆける”ビジネス仲間”と”一つのチーム”を作っていくこと。

 

これが僕の最終的な目標です。

 

終わりに

 

限りある人生、あなたはどのように過ごしたいですか?

 

  • 大好きな沖縄に永住したい。
  • 旅びとになりたい
  • 家族と長い時間一緒にいたい
  • 色々な人が楽しめるお店を持ってみたい

 

僕は好きなことばかりですが、たくさん好きなことしたいです。そしてそれは、ネットビジネスを通じて、現実になりつつあります。

 

そしてあなたも僕と同じように、”お金”と”時間”、はたまた”場所”にとらわれないで将来を選択できる、『自由』な状態を実現させることができます。(1クリックで”楽”に稼げる、といったものではありませんが!)

 

僕は「リッチな暮らし」をしたいわけではないし、「この事業を大きくして会社を作ってやろう」といった高い志まではありません。

 

ただ将来、1度しかない人生でたくさんの感動あふれる経験をしたいし、友達や家族、人生のパートナーと毎日一緒に過ごして、「今日は何をやろう?どこで仕事をしよう?何を食べよう?」など『自由』と『ワクワク』にあふれる毎日を過ごしたいです。

 

僕はこの理想を手にいれるためであれば一切の妥協はしませんし、もし理想を叶えるために何かアクションが求められたなら、迷わず即断するくらいの覚悟は持っています。

 

そして、こういった理想を叶えるための手段として『輸入ビジネス』は「パソコン」さえあれば、”誰でも”、”すぐに”始められる最良の手段だと思っています。

 

 

「もっと自分らしく生きたかった」

「あんなには働かなくてよかった」

「自分の幸せを追求すればよかった」

 

死ぬ前に最も後悔することだそうです。自分らしく生きるために、行動するのは”今”だと思ってます。

 

 

僕は現在、輸入ビジネス拡大しつつも、僕が得たスキルを様々な人に伝えて、「将来たくさんの選択肢を持てる人」を育てていくコンサルタントとして活動しています。

 

 

もし僕と同じ理想や気持ちを抱えていたり、多様な選択肢を持ちたい場合、

また僕の考え・日々の行動・詳しいビジネスの内容に興味がある、「考え方に共感した」「話してみたい」ということであれば、試しに「LINE@」に登録し、僕が普段行なっている活動や、考えを知っていただければと思います。

 

またメール・Skypeなどで誰でもご相談に乗ります。

Skype : yasukawa25

お気軽にお問い合わせください。

 

学生・社会人・主婦・旅人 ・・・

誰でもお待ちしております。

 

僕と同じようにあなたが「自分の理想を叶えるために行動していきたい」と少しで思っている場合は、一切の妥協なくサポートして、一緒に理想を叶えて、今後の人生を『ワクワク』するものにしていきましょう!!!

 

 

また感想などでもお気軽にメッセージをいただけたらとても嬉しいです。子鹿のように飛び跳ねて喜びます(^^)

 

 

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。^^

 

 

【仕事はやりたいことの手段。一度の人生、やりたいことを自分らしく。】 やす

 

友だち追加