「仕事とはなんですか?」ともし聞かれたら人によって答えは様々だと思いますが、おそらく多くの人の答えは、「生きるためのお金を稼ぐためのもの」「人生を楽しむためのもの」といった答えが帰ってくると思います。

 

仕事の目的なんて人それぞれだと思うのですが、今まで「仕事は生きがいだから続けたいが、時間をとってやりたいこともやりたい・・・」と言った話を数多く聞いてきました。僕もそうですが、この記事を見ているあなたもおそらく、今の仕事が楽しいけれど、仕事に対して何かしらの不満を持っている人も多いのではないかと思います。

 

僕はこの話を聞いた時に、今後就職していく身としてはなんとかこの現状を解決するすべはないのかと必死になって考えていると1つの答えが見つかりました。

 

 

仕事が1つである必要はない

僕も含めて多くの人は1つの会社に所属したら、その会社で多くの時間を過ごし会社からの給料のみでの生活するために、予算を削るという選択肢を取るのが普通だと思います。しかし、それでは先に書いたような不満が出てくる場合が多いと思います。

 

なぜなら、お金を稼ごうとしたら長く働かなければいけないし、時間を優先したらお金がなくなるからです。

 

そこでこの問題を解決すべく、「一定の固定給を稼ぎつつも、やりがいある仕事を持つ」。つまり、生きていくための“ライスワーク”と“ライフワーク”を持つことが大切だと思っています。

 

 

ライスワーク

ライスワークとは「生活する上でのお金を稼ぐ仕事」です。仕事をしないことには、お金が手に入らないので生きていけないのは、僕も含めあなたも同じだと思います。

なので、自分のプライベートを優先できる仕事、つまり自分のビジネスをライスワークとして持ち、生活に最低限必要な仕事量のみ行うと割り切れるビジネスを持つことができれば、プライベートな時間を持ちつつも生活することができます。

 

ライフワーク

一方でライフワークは「人生を通じて純粋にやりたい仕事」のことを指します。実際、ライスワークのみで生活するためお金が稼ぐことができればそれが一番いいと思うのですが、もしお金が稼げなくても生涯を通じて続けていきたいと思える仕事がこのライフワークです。

 

ただおそらくこのライフワークは多くの人が、ライスワークも一緒に兼ねているので、時間をコントロールできなかったり、「やりたいことなのに、いつのまにかやらなければいけないことに変わっていた・・・」という場合も少なくありません。

 

 

両方持てば仕事に対しての不満はなくなる

 

そこで生活をつくるライフワークとライスワークを両方持つことができれば、生活をするためにはライスワークをしっかり行えば生活は問題ありません。

やりたいことは自分の思うだけできるし、もしライフワークにお金が発生しなくてもやめる必要も無理に変える必要はないし、自分の思うだけ時間使うことができるようになると思っています。

 

僕の場合は“ライスワーク”が輸入ビジネスです。輸入ビジネスは自分が行ったぶんだけお金が帰ってくるし、自分でお金も時間コントロールすることができるので、ライスワークにはうってつけだと思っています。

 

そして、ライフワークとなることは今まだ探し中なのですが、今思っているライフワークは“旅”です。旅をし続けて、その経験を必要としている人はきっと日本中にいます。(僕がそうだったように!!!)

 

今色々な会社でフレキシブル制度や、副業OKの会社が多くなってきていますが、どちらかの仕事がzサブ的なものなのではなくて、両方とも大切にしていく「複業(ライスワーク、ライフワーク)」という考え方もぜひ、頭の片隅に置いて生活して見てくださいね^^

 

 

今回はここまでで終わりにします。^^

 

 

また明日お会いしましょう(^^)

 

p.s.

 

また最後に、めっきり更新が減ったことで不調ではありますが、ぜひブログランキングで応援お願いします!
1日1クリックで1票入るようになっています。^^ よろしくお願いいたします。