「ギブ&テイク」という言葉をどこかで聞いたことがありますか?

おそらくどこかで一度は聞いたことがあると思いますが、今後の人生でも、輸入ビジネスを行う上でも、とっても大切な法則であると思うので紹介していこうと思います。

 

 

ギブ&テイクとは?

ギブ&テイクとは報復性の原理といい、『誰かに何かを与えたら、与えたことが返ってくる法則』のことを言います。「えっ、そんなことあるわけないじゃん?ただのことわざでしょ?」というように思っている人もいるとは思うのですが、これは本当なのです。

 

ギブ&テイクの例

今あなたの周りには、何かお願い事をされたらなかなか断れない人はいませんか?僕の周りには両親もそうですが、それ以外にも何かを頼まれたら「断ってしまうのが申し訳ない・・・」だったり「やってあげたい!」と思うような人がたくさんいます。一方で、何かを頼まれても「なんでやらなきゃいけないの?」だったり、「やりたくない・・・」と思う人も中にはいます。

 

かなり不思議ですが、この違いはどこから生まれてくるのでしょうか?

 

具体的な例を考えて見ると、身近には両親がそれに当たると思います。私たちの両親は私たちを育てるために、お金・時間・労力・愛情などを惜しみなくかけてくれますよね?私たちは「産んでくれた両親だから」という理由もありますが、それとは別に様々な面で多大なギブを私たちはいただいているので、両親に何かを頼まれたりした場合は、聞かなければ申し訳ない・・・という気持ちになってきます。

 

また仲のいい友達も、私たちに「楽しい時間」などを振りまいてくれた人々になります。なので、そう言った人たちから「借金したからお金を貸してくれ・・・」と言われたら、ついつい貸したくなってしまう友人も何人かいますよね?よく「親友にお金を貸したら、借り逃げされていしまった・・・」という話があると思いますが、こう言ったニュースなどを見ると「なんで貸したのだろう?」と不思議に思いますが、しかし実際に今までに多大なギブを受けた人からの要求は、とっても断りにくいのです。

 

 

ギブを振りまいてほんの少しのテイクをいただく

 

以上のように普段の生活でもギブを日頃からばらまいている人は、色々な恩返しをもらいやすい状態にあります。正確にいうと、「ギブを受けた人は、何かを返さないと悪い気持ちになりますし、返さないと気持ちが悪い感覚」といった感覚に陥ります。この考えをビジネスや私生活で活かして行きましょう。つまり、日頃から相手が喜んだり、嬉しがってくれることをし続けることで、いろんな人にギブを振りまいていくのです。

 

例えば輸入ビジネスのシーンでは、商品を売買する際に、スムーズに入金してあげたり、こまめに連絡して安心される取引をしたり、おまけをつけてあげたりすることで、様々なギブを与えることができます。また、日頃の生活でも、少しの親切や頼まれたことをやってあげることで、様々なギブを振りまくことができます。

 

そして、このギブが貯まってくると、“あなた”に商品を売りたくなったり、“あなた”から商品を買いたくなる人が増えていったり、友達などに何か手伝って欲しいことがある時には、いろんな人から手を借りたりすることが可能になってきます。

 

 

ギブ&テイクの注意点

ここで注意して欲しいのが、ギブを振りまいたからと言って、必ずテイクが帰ってくるわけではないということです。人によっては、このギブを与えられたという感覚がない人もいますし、ギブを得て返さなきゃとは思いつつも、その人自身に余裕がなくてギブを返せない人もいます。そう言った場合は、自分が辛くない範囲でギブを与え続けてあげましょう。

 

また自分ができること以上のギブを与えすぎてはいけません。

次のような状態を想像してみてください。

 

『あなたは喉がとても渇いていて、コップに水を持っています。しかし、その水が欲しい人がたくさんいて、その水をわけ与え、残りの水はとっても少なくなってしまいました。』

 

あなたはどんな気持ちになるでしょうか?

 

おそらくとっても寂しい気持ちになると思います。このような状態で振りまくギブは、あなたの心を枯らしてしまいまい、『見返りを期待する心』がチラチラ相手にも伝わってしまうものです。なので、『あなたのコップの水があふれていて、わけ与えてもあなたが寂しくない範囲でギブを与える』ことが大切になります。

 

 

いかがでしたでしょうか?僕もこの記事を書いていて、今は様々な人からギブをもらいまくっているなと実感していますが、これからこのブログの記事の内容でも、日々の活動でも、もっと色々なギブを振りまいていきたいと思います。(もちろん、恩返しは期待していません笑)

 

それでは以上で、方法性の原理について終わりたいと思います。

 

 

もし内容で疑問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください^^

 

また以下のLINE@に登録してくだされば、日々様々な気づきや日常・ブログの更新などを発信しているのでぜひ登録してみてくださいね(^^)

 

友だち追加

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。