この記事を読んでくださっているあなたは、おそらく今の現状から何か新しいことと始めたり、何か一歩を踏み出して行動をして見たいと考えていると思います。

 

しかし、新しいことを始めたり、一歩を踏み出して行動するのは、今までの生活とは違う行動をとるためになかなか実行しにくいと思います。

 

例えば、英語を話せるようになりたかったり、副業・複業をしてみたかったり、このブログでも紹介しているように輸入ビジネスを始めてみたかったり、人それぞれだとは思いますが、英語を話せるようになるためには、毎日ある程度の時間をとってコツコツと勉強しなくてはいけなし、複業・輸入ビジネスをするためには時間とある程度の労力を使わなくてはいけない。

ただいずれも時間と労力がすごくかかるので、すぐに決断して行動しはじめるのって本当に難しい。

僕自身も、世界中を、また人生を自由に旅するように生きる、旅びとになりたいと考えて、今輸入ビジネスをしていますが、ビジネスを始める時にはまだ大学院生ということもあって、

 

「研究とバイトで時間がない・・・」

「学生でまだ社会を知らない自分に本当にできるのか・・・

「輸入ビジネスなんてやったことないのにできるのか・・・」

 

などと、かなりの色々な不安や葛藤を抱えていました。ただそんな中でも僕は一歩踏み出して、行動し、そして継続することができている訳なのですが、そんな葛藤を持ちながらも自分が一歩を踏み出して行動することができたのは何故なのか?

 

それは以下の3つを意識的に変えていったからなんですね。

 

その3つのポイントとは、

人・場所・投資先

この3つを意識的に変えて行くいことで、無理なく継続して自分の行動を変えることができました。

 

今回の記事ではこの3つについて紹介していきたいと思います。

 

長く一緒にいる人を変える

「子は親に似る」とはよく言われますが、実際に生まれてすぐに子どもが親と似たような行動をするのではありません。それは、生まれてから大人になるまで、長い時間を共に過ごしている中で子どもが親の姿を“見て”、一緒に“話して”いる中で、親の行動が子どもの常識として刷り込まれる中で、親の行動に似てきます。

 

もし親がゴミを平気で道端に捨てるようであれば子ども捨てるだろうし、親が歩く道のすべてのゴミを拾うような人であれば子どもも自然とそうなるでしょう。

つまり、自分が何かを変えて見たいと思うのであれば、変わった先の人やまさに変わっている最中の人とより長い時間一緒にいることができれば、自ずと人の行動というのは変わってきます。

 

僕自身は輸入ビジネスを始める時に、輸入ビジネスで成功していた今のメンターが運営しているビジネスコミュニティーに所属し始めました。すると、それまでは関わる人が、家族、学生、教授にしかほとんど会わなかったのですが、そこに輸入ビジネスに取り組んでいる人達がどんどんと加わってきました。

 

その時に何か大きな気持ちの変化があったかはあまり覚えていないのですが、そういった人達が周りにいて、普段より長い時間を一緒にいたことで、自分でビジネスをすることが“当たり前”な状況が少しづつできあがっていったことで、学生が勉強するように、会社員が会社に行くように、輸入ビジネスをするべくしてする状況を自分で作り上げることができます。

 

自分がいる場所を変える

日本に入れば家には靴を脱いで入るのが普通ですが、アメリカに行けば靴で家の中を歩き回るのが普通です。また、会社に行けば会社で働いている人がほとんどで平日の夕方から夜遅くまで働くのが常識ですが、都内のレンタルオフィスなどに行けば、自分でビジネスを持っている方や、会社の経営者のような人がたくさんいて、働く時間・曜日は自分で決めている人達がほとんどです。

 

このように自分のいる場所によって、そこにいる人も違えば、常識も異なってきます。

 

なので、行動を変えていきたいと思ったら自分がいる場所を、自分がしたい行動をしている人がたくさんいる場所や、それが常識になっている場所に行くのが一番です。

 

会社をやめろ!という訳ではありません。会社以外の場所にいる時間を積極的にとりましょうということです。

僕の場合はそれが、所属しているビジネスコミニュティです。常に所属している人と一緒にいるわけではないのですが、オンライン上のグループチャットで毎日常に活動を報告したり成果を共有したりしてるおかげで、作業しているのが当たり前になっていき、ビジネスをしているのが当たり前。

 

逆にサボって作業していないと、居心地が悪い気さえしてきて自分で自発的に行動するようになってきます。

 

 

お金の使う先を変える。

最後に投資先です。お金を使う先を変えるとなぜ行動が変わるのか。

 

例えば彼女に誕生日プレゼントをあげる時のことを考えてみましょう。

 

彼女にあげるプレゼントの値段は年代によってもだいぶ変わってくると思いますが、一般的な大学生の場合には彼女にあげるプレゼントの値段は1万円から高いもので5万円くらいでしょうか。そして、そんな中でもしプレゼントとして、10万円のネックレスをあげたとします。(笑)

 

現実問題そんなこと絶対にありえないと思いますが、もしあなたが大学生のなけなしのお金を使ってそれだけのプレゼントを彼女にあげたとして、そんなプレゼントをあげた後に突然彼女から振られてしまいました。(笑)

 

おそらくあなたは「えっ、せっかく10万円のプレゼントをあげたのに・・・」と思うはずです。例えあまり好きでもない彼女と付き合ったとしても、10万円のプレゼントをあげた直後ではかなり凹むと思います。

 

しかし、もしこのプレゼントが1万円のプレゼントであった時はどうか?

おそらく10万円のプレゼントをあげた場合よりも、そのショックは少ないはずです。

 

何が言いたいのかというと、人は自分がお金を使った先のものを大切にする傾向があります。この場合なら、好きでない彼女に10万円のプレゼントをあげた場合と、1万円のプレゼントをあげた場合を比較すると、自ずと10万円のプレゼントをあげた場合の方がその後の彼女との関係を無意識のうちに大切にしてしまうのです。

 

だから、10万円のプレゼントをあげた場合にはその彼女との関係がより大切になってくるので、別れることに対してショックを受ける。

 

これは彼女でなくても、自分が何か新しいことを始める場合にも同じことが言えます。

 

例えば、自分が英語を学びたいと思った時にタダで学べる塾から学ぶのと、月々5万円する塾で学ぶのでは、同じ英語塾でも勉強するモチベーションはかなり変わってきます。

 

またもし自分がビジネスを始めたいとした時に、一人でビジネスを進めるのと、ビジネスの教材を買ったり、人に教わったりするのでは、ビジネスに対してのモチベーションも変わってきます。

 

一人で始めた場合にはビジネスを辞めても、損するものがないので全く痛くありません。一方でビジネスを学ぶためにいくらかお金を使った場合には、投資してしまったぶん中々やめることもできません。

 

つまり、投資したら投資したぶんだけ行動し続けるようになるのです。

 

 

 

以上、3つの方法を紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか?

 

この3つの方法は自分自身の中に葛藤を抱えている時、意識して行動するだけで、自分自身を勝手に行動させることができます。

少し信じられないかもしれませんが、ぜひ自分で自分を変えていきたい。行動していきたい。と思った時に思い切って変えてみてくださいね。

 

それでは今日はこの辺で終わりにしておきます。

 

内容でご不明な点があればお気軽にご質問ください^^

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

P.S

ブログランキングで応援お願いします!!!