現在週末の時間を利用して、首都マニラがあるルソン島の最南端、タール湖へ1人旅行中です!

タール湖は「島の中の湖のなかの島の中の湖なかの島」で有名なのですが、そんなマトリョーシカのような島を、空撮してきます!

 

クレイジーなルソン島の移動

ルソン島は首都付近は電車があるのですが、郊外へ行く移動手段は基本バスです。

なのてわ移動は基本バスの移動なんですが、旅感を楽しみたかったので、5.6時間かかるらしいということだけ調べてトライいたのですが、かなり大変した…笑

人に聞いても、同じ街並みで目印がなさすぎるので、正確な場所はわかりません。

特にバスの乗り換えも、どこで乗り換えたらいいのか分からないから、どこで降りたらいいのかわからない。笑

ルソン島で旅する方は、結構細かいところまで調べておくことをオススメします。

 

クラーク→マニラの移動

行きは滞在中のクラークから、クラーク→マニラ→タール湖、の順に乗り換えをしていきました。

ただ、さっきも言ったようにどこで降りたらいいのか全く分からない…笑

 

そして日本のバスとは違うので、どうやって降りたらいいのかも分からない…

乗る前は余裕で写真撮っていた自分を恨みます…

 

結果、隣にいた女子高生に降り方や降りる場所やら終始お世話になりっぱなしでした。(将来はフライトアテンダントになるのが夢で、来年から日本に来るそうです!奇遇!!)

ちなみに「なんで日本にいくの?」と聞いた所、「教育水準が高いから」だそうです。このフィリピンでもフライトアテンダントの資格は取れても質が伴わない。

まだ16歳の少女がここまで高いプロ意識を持っていることに色々と考えさせられつつも、この2週間の猛烈なスピーキング経験により、かなりディープな会話もできて、旅の満足度もかなり上がってます(^^)

 

3時間ほどのバスでしたがかなり満足に楽しめました(^^)

 

待ちに待ったバス乗り換え

バスをおりたら、次のバス停探しです。

ただ、マニラを歩いているとほとんど同じ街並み。幸い近くの人がかなり丁寧に教えてくれたので、何とかなりましたが何にも分からなかったら正直やばいかも…

ということでバス停についたのですが、夕方の時間という事もあり、この人の量…

 

わかりずらっ!笑

でもこれじつは200人くらい並んでます笑 おそらくイッツアスモールワールドより並んでます。

なんで、バスの乗り換えに2時間…

バスに乗ったのが19時です。

「こっから2時間バスに乗るのか…」

 

 

マニラ→タガイタニ

英語が話したかった事もあるのですが、お隣さんとまたおしゃべりしながらのバスだったのですが、調べでは1時間程度と言われたところ、渋滞で3時間かかるとのこと…笑

えーーーー笑

 

といってるのもつかの間、合計8時間の大移動でしたが無事終了し、21:30に到着。お腹が減ってたこともありそっこくディナーです。

メニューが全くわからかったのでたくさん頼んだら、なんかいっぱいご飯がつきました笑

おかゆ、ポーク、ガーリックライス。全て平らげ完食。

無事にドミトリータイプのホテルにたどり着きました。

 

ロビーで少しビジンスを進めてパソコンいじっている人と一緒にボートをチャーターできることになったので、翌日の心配もなくなったところで明日のタール湖・タール火山さんに向けて今日は就寝。

また明日できたら更新しま~す^^

 

また最後に、めっきり更新が減ったことで不調ではありますが、ぜひブログランキングで応援お願いします!
1日1クリックで1票入るようになっています。^^ よろしくお願いいたします。