eBay輸入ビジネスで仕入れる商品の基準!失敗しない商品を選ぼう

 

 

eBay輸入ビジネスで商品をリサーチしていると、少し利益が取れそうだけどあまりとれない商品であったり、需要と供給のバランスが曖昧で、いくつ仕入れるべきなのか判断に迷うことが多々あると思います。

 

実はというと、僕自身も明確な基準があるわけではないです!!!

 

しかし今まで扱ってきた商品の経験から『大体これくらいの基準で商品を選べば商品がある程度見つかり、長期在庫(2~3ヶ月)にもなりにくく、かつ利益も十分に取れていく!』というような基準は持っています。

 

 

この基準があるだけで商品リサーチの際に1つの商品にかける時間が全く異なり、基準がある人はサクサクとリサーチが進むのでそれだけ、儲かる商品に当たる確率も高くなります。

 

とっても大事な内容になっているので、しっかり学んでいくようにしましょう^^

 

 

2つの仕入れ基準

 

2つの基準とは【需要・供給のバランス】【利益率・利益額】になります。

 

 

輸入ビジネスを進めるにおいて、強く意識しなくてはいけないのが『商品の回転率』『利益』です。早く商品が売れなくては資金の回転が止まってしまって、新しい商品を仕入れることが困難になりますし、利益率が低くてはビジネスになりません。

 

なので、仕入れで基準とすべきこととしては主に、【需要・供給のバランス】【利益率・利益額】の2つを必ずチェックしていきましょう。

 

 

適切な需要・供給のバランス

 

初めに需要・供給についてみていきますが、基本的に【需要>供給】を満たしているものを選ぶようにしましょう!

 

もし需要供給の読み取り方がわからない場合は正確に読み取ることが必須なので、以下のページを参考にしてくださいね^^

 

 

【輸入ビジネス】オークファンで商品の需要を調べる方法 販売数編

【輸入ビジネス】オークファンで商品の需要を調べる方法 販売数編

 

 

ただ場合によっては【需要=供給】、【需要<供給】でも仕入れる場合もありますが、基本的に基準として欲しいのは【需要>供給】です。この基準を満たすことができていれば、よっぽどのことがない限りは1ヶ月以内、遅くとも2ヶ月以内には商品が売れていくので、資金を十分に回転させることができます。

 

【需要=供給】【需要<供給】でも仕入れるケースは以下で紹介しています。

需要が少なくても仕入れた方がいい商品とは!?(編集中)

 

 

 

特に需要が5前後の商品は一番オススメです。

 

 

需要が2程度であると需要が少ないのでなかなか売れにくい、また需要が10 程度である商品はライバルが多いことが大半なので、【需要>供給】の関係を保ったとしても、他のセラーに埋もれてしまって注目のオークションなどをかけなくては少し売りにくいです。(逆にいうと注目のオークションをかけると売れます!)

 

 

なので、需要=5、供給=2のような商品があった場合は、「ラッキーーーーー!!!!」と心の中で叫びながらeBayをチェックしてください。

 

 

また、こういった場合に『いくつ仕入れたらいいの?』という質問だたくさん飛んできますが、仕入れ個数についてはまた別の記事で紹介しているので、以下の記事を参考にしてください^^

 

輸入ビジネスにおける適切な仕入れ個数(編集中)

 

 

 

 

適切な利益額と利益率

 

適切な利益額と利益率の基準については以下の2つを満たしているものを選ぶようにしましょう!

 

 

利益額 2000円以上(慣れてきたら3000円以上)

利益率 20%以上

 

 

利益額

 

この利益額より低い利益額の商品を扱っても問題はないのですが、1つの商品1000円しか利益が取れない商品を扱うのは、商品を管理・出品・発送する手間を考えると、少し利益が薄い感じがします。

 

なので最低2000円以上、商品リサーチに慣れてきたら3000円以上を基準にするようにしましょう。

 

 

利益率

 

利益率については基本的に20%以上の利益率がある商品がオススメです。

 

なぜ20%なのかと言いますと、一定の利益額をキープするのはもちろんなのですが、それともう一つもしその商品の需要が下がってしまった時に『値下げをしても売り切れる値段』だからです!

 

 

例えばオークファンで検索して12000円で売られている服が8000円で仕入れられたとします。

しかし、仕入れの最中にその相場が崩れてしまったり、ライバルが増えてきてしまった・・

 

→このまま商品を持っていると利益が下がってしまうので値下げして売り切ろう!!!

 

 

以上のような場合が時々起こりうるのですが、こういった場合に利益率が10%であったりすると商品によっては赤字になってしまったりします・・・

 

1つの商品が赤字になっても、他の商品が黒字であれば全く問題ないのですが、それでもできるだけ赤字になる確率は減らしておくのが賢明です。

 

 

なので!

 

 

適切な利益額と利益率としては、

 

利益額 2000円以上(慣れてきたら3000円以上)

利益率 20%以上

 

を一つの目安にしてくださいね!!!

 

 

 

基準を無視する例外も時々ある

 

 

とはいったものの、僕は実際以上の基準以外の商品を仕入れるときがあります。

 

それは、

 

・利益率15%程度だが、商品単価が高くて利益額が5000~6000円以上の場合

・利益額・利益率は低いが、需要がめちゃくちゃ高くて月に5~10個売れそうな商品

 

以上のような商品は、手間がかかったり、ライバルが増えた時のリスクも少し高いですが、最終的な利益額が多いので先ほどお伝えした基準を度外視して仕入れるようにしています。

 

 

ただ、こういった商品を仕入れる時はさらに入念なリサーチを行なった上で、今まで仕入れた商品の動向と重ね合わせながら判断しているので、初心者にはあまりオススメしません。

 

もしこのような仕入れを行うならば、少しだけ経験を積んでから行うようにしましょう!!!!

 

 

 

 

最後に仕入れ基準をまとめます。

 

【需要>供給】

利益額 2000円以上(慣れてきたら3000円以上)

利益率 20%以上

 

 

あくまで一つの基準ですが、一つの基準として定めリサーチを効率化して行きましょう!

 

それでは本日はここまで。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました^^

 

またつぎの記事でお会いしましょう^^

 

ブログランキングに参加中です。皆さんのワンクリックが励みになるので、ぜひ1クリックで応援よろしくお願いします^^