MyUSの使い方を徹底解説!

 

こんにちは!やすです。

 

この記事では転送会社MyUSの発送方法について紹介していきます。

 

MyUSはアメリカの転送会社の中で、一番送料が安いことで知られていますが、サイト内が全部英語なので使いたくても使えない・・・なんてことも。

 

今日はそんなあなたのために、英語ができなくてもMyUSを使えるように、MyUSの使い方を解説していきます。

 

この記事を読めば、MyUSの使い方が全て分かっちゃいます!!!

 

MyUSの登録方法

 

MyUSのホームページを開きます。

画面右上の『Sign up』をクリックします。

 

 

 

会員プランを選ぶ画面になりました。

会員プランは真ん中の『PREMIUM会員』が圧倒的にオススメです。

 

BASIC PREMIUM PREMIUM+MAIL
Free package Consolidation(同梱) ×
Free package repacking(再包装) ×
Free package Storage(無料保管期間) × 30日 30日
月額料金 0ドル 7ドル 25ドル
登録料金 10ドル 20ドル 35ドル

 

 

続いて、登録者の情報を入力していきます。

全て入力したら『Next(次へ)』をクリックしてください。

 

First Name(名)

Last Name(性)

Country(国)

Email Address(メールアドレス)

Confirm Email Address(メールアドレスの確認)

Create a MyUS Account Password(パスワードの設定)

Confirm Password(パスワードを確認)

Address(市or区未満の住所)

City(市or区)

State or Province(都道府県)

Postal Code(郵便番号)

Phone number(電話番号)

 

 

支払い方法を選択していきます。

 

支払い方法は『Paypal』もしくは『クレジットカード』から選択できますが、ここはクレジットカード一択。

 

クレジットカードで支払いをすると、送料をAMERICAN EXPRESSであれば30%。VISA かJCBであれば20%の割引を受けることができます。

(登録後に連絡が必要です。連絡の方法は記事の後半に!)

 

入力が終わったら『Next(次へ)』をクリックします。

 

Cardholder’s First Name:カード所有者の名

Cardholder’s Last Name:カード所有者の性

Card Number:カード番号

Expiration date:有効期限

Security Code:セキュリティーコード

 

 

 

最後に入力した住所を確認していき、『I agree to terms and Condition(利用規約に同意)』『I accept ~~~(利用規約に同意)』にチェックを入れて『Submit(申請)』をクリックして登録完了になります!

 

 

 

MyUSのトップページの右上に表示されている住所が、MyUSのあなた専用の転送住所になります。

 

 

 

こちらの住所は次の「MyUSに商品を発送するときに」必要になるので覚えておいてください

 

MyUSに商品を発送する

 

そしていよいよMyUSに商品を発送していきます。

 

と言っても複雑な操作は必要ありません。

 

MyUSに商品を発送するには、ebayの発送先の住所をMyUSの住所に変えてるだけです!

 

 

 

事前にMyUS側に「こんな商品が届きますよ!」と納品依頼を出したり、登録する必要は一切不要です^^

 

届いた商品を確認する

 

商品がMyUSに届くと以下のようにメールでお知らせを受けます。

 

 

到着したら商品の値段を記入する必要があります。

 

画面上の『My SUITE』をクリックして、到着している商品を見ていきます。

 

 

到着した商品が表示されます。

 

ここでタブが4つあるのですがそれぞれの意味は以下の通り。

 

『Ready to Send』 ・・・発送準備OK

『In Review』   ・・・問題が生じMyUSが対応中

『Action Required』・・・情報の入力が必要

View all』    ・・・全てを見る

 

『Action Required』のタブにある商品は以下の欄に価格を入力していきます。

 

 

同様に『Ready to Send』のタブにすでに商品の価格が入力されている商品の価格も確認していきます。

 

セラーの価格は適当

セラーの中にはこの請求書の価格を、実際の価格とは異なった価格を記載するセラーが一定数存在します。

これを放置してしまうと、輸入時に関税の脱税として関税を追加徴税される恐れがあります。

 

必ず正確な価格であるかを確認してください。

 

 

もし価格が違っていたらReady to Sendの画面で『Edit(編集)』をクリック。

価格を修正して、『SUBMIT ITEM VALUE』をクリックして編集することができます。

 

 

MEMO

ここでebayで商品を1つ購入したけれど、MyUSで商品が2つで登録される場合があります。2個セットの場合などです。

このような場合は、商品価格を半分にして登録していきましょう!

 

発送連絡をかける

 

商品の発送依頼は、「MY SUITE」の画面で発送したい商品にチェックをした後、画面右の『CREATE SHIP REQUEST』をクリックして発送連絡していきます。

 

 

発送先の住所

 

画面左上の『Shipping Adress(発送先住所)』を確認します。

 

この時に発送代行、オープンロジを利用したり、初めに登録した住所と異なる住所に商品を発送する場合は、ここから編集することができます。

 

 

発送方法の設定

 

画面右の『Shipping Method(発送方法)』の下にある『See more (もっと見る)』をクリックします。

 

すると以下のようにいくつかの発送方法を設定することができます。

 

 

 

発送方法が異なると、到着までの早さと金額が変わります。

 

デフォルトで一番安い「Budget Economy」発送方法に設定されていますが、おすすめはBudget Economy。

 

 

金額が一番安くて、発送も7~14日と書いてありますが、ほとんどは7日前後で到着します。

 

ただ、どうしても早く商品が欲しいという場合は、『Fedex Priority」がおすすめです!

 

MEMO

送料は一番安い発送方法で大体1kgで3300円、10kgで10000円です。

まとめて送った方が圧倒的にお得です!

 

 

発送オプション

 

画面の右側の欄から発送時のオプションを追加することが可能です!

 

僕はいずれも一度も利用したことがないです。梱包や補償をつけない場合は、すっ飛ばして大丈夫です。

 

 

 

『Packing Options』梱包のオプション
  • Fragile stickers・・・2ドルで壊れ物注意のステッカーを貼れます。
  • Extra padding ・・・ 5ドルで緩衝材を追加できます。
  • Discard Shoe Boxes ・・・2ドルで靴箱を捨てて、体積を減らして、コストを抑えることができます。
  • Special Instructions ・・・ 8.5ドルでイレギュラーな注文に対応してくれます。
  • Ship in Original Boxes・・・無料で届いた箱付きの状態のままで出荷されます。梱包が2重に壊れにくくなりますが、体積と重量が増える分送料が高くなります。
  • Only Single Outbound Parcel Shipments・・・5ドルで1個口で発送できます。
  • Collectible or fragile item packing・・・10ドルで壊れやすい商品用のパッキングができます。
  • Do not repack・・・再包装せずに、MyUSに送られたままの状態で発送されます。
  • Max weight per box/Multi-piece shipment(MPS) ・・・ 5ドルでダンボール1つあたりの最大重量を決められます。
『Shipping Preferences』商品の保険とその他
  • Insurance・・・商品代金100ドルまでは無料。以降100ドルごとに2ドルで配送の保険をかけることができます。
  • Add pallet for shipment・・・出荷用のパレットを追加できます。

 

『Export Documentation(輸出についての書類)』は未チェックで大丈夫です!

 

最後に『Ship Now(発送)』をクリックして発送が完了です!

 

発送の依頼が完了すると以下のようなページが表示されて、発送完了です!

 

 

 

 

関税の支払いと商品の受け取り

 

商品の関税は、商品受け取り時に配達員の方に支払います。

 

MEMO

以前20万円以上の仕入れを行った時に、発送会社から電話が来て関税を振り込みを求められたことがありましたがおそらく仕入れ代金が高額の場合だけなので、20万円以上の仕入れをまとめて行う場合は気に留めておきましょう。

 

 

現金加えてカード払いもできるので、現金を用意してく必要はありませんが、初めの受け取りの時は不安であれば現金を用意しても良いと思います。

 

商品を発送代行会社オープンロジに発送する場合には、多少の手数料(500~800円)が発生しますが関税を立て替えてくれます。

 

 

MyUS利用時の注意点

 

MyUSを利用する時に気をつけていただきたいことが2つあります。

 

到着後30日内に発送しなければならない

 

僕がおすすめするMyUSのpremiumの会員ランクでは商品がMyUS到着後、30日以内に発送されない場合、1個口ごとに1ドルの追加料金が発生します!

 

とってももったいないので、発送は確実に間に合わせましょう!

 

発送個数は24個が上限

 

一度に発送できる個数は24個までになります。

 

まとめて発送した方が送料は割安になりるので、できるだけまとめて発送他方がいいですが、上限には気をつけましょう!

 

その他便利な機能

 

MyUSで知っておいた方が便利な機能について紹介していきます。

 

送料を事前に確認できる

 

商品を発送する前に大体の送料を確認することができます。

 

送料大体の目安は一番安い発送方法で1kgで3300円、10kgで10000円になります。ここからさらにクレジットカードの割引で、20 or 30%が割り引かれます。

 

ただもっと詳しく知りたい場合は、画面上の『SHOP & SHIP TOOLS』をクリックして、画面左の『Shipping Calculator』を選択します。

 

 

ポンドかキログラムの単位を選択して、重さを入力。『Calculate Estimated Shipping costs』をクリックして、計算できます!

 

 

問題があったらチャットで質問できる

 

その他の項目で困ったことがあれば、記事の最後にあるメルマガかLineの方にご連絡いただければ、僕もお答えしていきますが、MyUSに直接チャットで質問することもできます!

 

チャット形式で連絡する方法は、画面上の『HELP』をクリック。

 

下の方にある『Chat now』をクリックして、その他の項目を入力していきます。

 

 

項目を入力。

 

 

質問のトピックは以下の通りです。

 

 

チャットはなく、メールで連絡する場合には画面上の「HELP」をクリック。中央の欄にある一番下の「Need more help?Send a message」をクリックして、メッセージを送信することができます。

 

MEMO

クレジットカードの割引を受ける際は、「〇〇のクレジットカードの割引をください。」という英文と以下のURLを一緒に送れば割引を受けることができます。

AMEX : https://www.myus.com/welcome/amex/

VISA : https://www.myus.com/welcome/visa/

JCB : https://www.myus.com/welcome/jcb/

 

まとめ

 

まとめ
  • MyUSではまとめて発送するほどお得!でも上限は24個まで。
  • 支払い方法は絶対にクレジットカード!割引を受けよう

 

もしMyUSの使い方でわからないことがあれば、ご質問は以下のメルマガか、Lineご質問ください^^

2日以内にはお返事いたします!

 

またメルマガ登録かLineでは、輸入ビジネスについてのお得情報や最新情報をお届けしています。

 

ぜひ登録ください^^