就職活動。いわゆる就活。僕は今大学院を休学して輸入ビジネスにとり組んでいるが、僕の同期はみんな企業への就活を行なっている。

 

そんな中つい先日、就活中の同期から「就職についての相談がある」という連絡を受けることがあり、そこでの話を通じて就活でもいつでも、『自分の軸』を考えることの重要性をひしひしと感じたので、ちょっと書いていきます。(本人からの了承済み。)

 

 

まさかの就活結果・・・

相談をくれた同期は見た目も精神面も太く、楽天的でどんな環境でも楽しめるおおらかさとコミュニケーション能力を持っていて、何より東大にあと数点で合格を逃すという頭の持ち主で本当に賢い。そんな彼の幸せは【大半の人と同じ道で、普通に、楽に、そこそこに、人生を過ごすこと】。

 

そんな彼だから、普段何かを相談するほど悩みを抱えたことを聞いたことがなく、就活も絶対すぐに上手く行くと誰もが疑わなかったし、何より「就活をしていない自分に対して相談をしてくるとは何ごとか!!!(笑)」と思い、

 

夕方に連絡が来たのですが当日の夜に即座に、地元の温泉に浸かりながら話をすることに。

 

 

まさかとは思ったけれども、湯につかりつつ話を聞くと、十数社エントリーしていた志望する会社に内定をもらうことができなかったとのこと・・・

 

就活していない僕にとっては「会社に受からなかったくらいなんだ!!!」という感じなのですが、やはり志望した会社から内定をもらえない・落とされるって自分が積み重ねて来たものが否定されたり、自分を否定されたように感じるのだと思います。

 

いつもの楽天的な彼からは今まで見たことがないほどの、負のオーラが見られました・・・

 

しかし、話して行くと「落ちたショックで凹んでいる」というより、「今後どうしていくか?」ということに本気で悩んでいました。

 

今度の人生が見えないことへの不安

というのは、彼は人生に対してとっても楽観的に生きてきて、そこそこの会社が決まってくれれば【そこそこの楽しめる】という素晴らしい性格かつ、そういう覚悟を持っていたので、自分に合いそうな、そこそこ年収がいい会社を選んで受けていました。

 

もしどこかに受かっていたら、大半の人と同じような人生の中で楽観的に、十中八九幸せに暮らせたでしょう。

 

しかし、いざ希望先に落ちてしまい、彼にとってのそこそこの選択肢がなくいなってしまった時。【なんとなく】自分に合いそうな企業を決めて受けたものだから、いい意味でも悪い意味でも今後とるべき選択が広がりすぎて、何を選択すればいいのか全くわからなくなっていました。

 

 

・まだ受け付けている企業を受ける。

・アルバイトをして暮らす。

・大学院や大学として働く。

・自分でなんでもいいので事業を始める。

・一年就職浪人する Etc.

 

 

企業を受けるにしてもそこそこの大手の選択は終わっているので、彼にとってのそこそこの企業はほぼない。

 

 

では残された選択肢のなかで、何を選択していけばいいのか・・・?

 

 

彼の思い描くそこそこの道から外れた時、無限の選択肢の中から何を選ぶかは自身が決めなくてはいけないけれど、敷かれてきたレールから脱線すると選択肢がわからないし、何より今までは先が見えていたけど先が見えたくなったことに対する不安。

 

とにかく不安なんですね。

 

 

自分の軸を持つことの大切さ

僕は日本に住んだことしかないので外の国の事情を知らないし、会社で働いたことがないので大きいことは言えないのですが、

 

日本の人口の9割は会社員。なので、学校に通って、いい成績をとって、いい会社に入って、出世を目指すのが、普通の道で【一般的な暗黙の了解】という流れを個人的に感じています。

 

いわゆる、【決められた道】【敷かれたレール】と呼ばれるやつです。

 

ただ、普通に過ごしてきたにもかかわらず、一旦このレールから外れてしまうと本当に迷子になってしまう。

 

なぜなら、今まで迷子になったことがないから。

これから進む道を見つける方法を知らないので、今後進むべき道が見つからないから。

 

彼の場合は最終的に、

『現状は今までの道が幸せになれると思うから、残り少ないそこそこの企業を受ける』

『自分よりいろんな道を知ってる人に話を聞いて、いい道を探す』

という感じで道を探して行こうとなったのですが、

 

 

今回の様に迷子になった時、何かを選ばなくてはいけない時のために『自分の軸』を持っていることってすごい大事だなってすごく実感。(軸=人生の優先順位みたいな?)

 

 

自分の軸、人生の優先順位が決まっていたら、何かの選択を迫られた時に迷わずに選べる。人生で迷子にならない。自分の歩んできた道を爺さんになった時、自分で優先順位をつけて歩んだ人生なら納得できる。

 

あと軸を持って「自分はこれを選択して、こう生きていくんだ!!!」って言える人って、言うこと・やることが良いか悪いかにかかわらず、なんか魅力的。その人に共感する人も、批判する人もいるだろうけど、そういうのに関わらず自分軸を大切にしてものを言える人はとっても良い。

 

 

だから、自分の軸(優先順位・・?)って本当に大切だと思っています。

 

 

ではどうやって『軸』を作っていけばいいのか。正直、正しい作り方はわからない・・・

 

 

だけど『今後の人生はこうやって生きていく!』って決めちゃえばそれが軸になると思うし、

 

『軸』って今までの生活だったり生きてきた中で意識していないだけで、日々の選択の中でできているのかなと。それの軸を探す作業が『自己分析』ってことになるのかもしれません。

 

 

僕に取っての軸・優先順位は、「大切だと思うことを大切にできる環境」がおそらく最優先の軸だから(自分でもまだ模索中)、時間・場所・お金に囚われない働き方をしたくてノマドって働き方をしていますが、

 

今ノマドって働き方をしているとこういう時にすぐに人に会いに行けるし、自分が大事だと思うことを優先して時間を使えるのが本当にいいと思う。

 

自分の中で、友達や恋人との関係ってお金よりも、仕事よりも圧倒的に大切で、それをしっかり優先できるのが「ノマド」って働き方のすごくいいところなんだなと、たったここ数ヶ月だけれど感じています。

 

 

 

 

最後ダラダラと書いてしまいましたが、自分の軸を考えながら過ごすのって大事かも・・・という日々の気づきです。

 

 

今後、ずっとノマドだけをやっていくのかどうかは分からないのですが、留学もノマドも必死にやっていくので、これからも応援よろしくお願いします(^^)

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ブログランキング始めました。

クリックしてくださると、読まれていることがわかって、とっても励みになるので是非よろしくお願いします(^^)