amazonでカートを獲得してライバルよりたくさん売る5つの方法

 

こんにちは、やすです!

 

この記事ではamazonでライバルセラーより商品をたくさん売る5つの方法について紹介していきます。

 

ヤフオクでもAmazonでも同じですが、商品をたくさん販売していくためには、お客さんに自分の商品を選んでもらう必要があります。

 

Amazonではこのお客さんに自分の商品を選んでもらうための方法を実施していないと、ほとんど販売することができません!!!

 

もしこの方法を知らないのであれば、必ずこの記事に書いてあることを実践していきましょう!

 

Amazon販売でたくさん売るためにはカートを獲得する

 

amazon販売の特徴

 

Amazonは他のECサイト(ヤフオク,メルカリなど)と違って、サイトが少し特徴的。

 

他のヤフオクやメルカリでは以下のように、自分が出品した商品が1つのページとして表示されます。

 

 

なので、商品を売るためには自分の商品ページにお客さんを集めることが販売数を稼ぐためには必要になってきます。

 

一方amazonでは、以下のように1種類の商品に対して商品ページは1つしかありません。

 

その代わり1つの商品ページの中で複数人が販売するという形のサイトになっています。

 

 

 

このページでは37人が販売していることがわかります。

 

お客さんはどのように商品を購入するのか?

 

Amazonで商品を購入したことがある人はわかるかもしれませんが、amazonで商品を購入する際はこのページの右上にある「カートに入れる」というボタンを押して、商品を購入します。

 

 

で、

 

この時に販売される商品はトップページに名前が表示されているこちら店舗の商品が販売されます。

 

このトップページに名前を表示させることを「カートを獲得する」と言いますが、amazonで商品をたくさん販売していくためには、このカートを取得することが必須です。

 

カートをとるセラーはぐるぐる回っている

 

例えば同じ商品を販売しているライバルセラーが4人いたとします。

 

すると、カートを獲得しているセラーは以下のように一定時間でぐるぐる回っています。

 

 

この時間はまちまちですが、僕が販売している商品を定点観察したところ、最低5分から20分でカートを獲得している人が変わります。

 

でここでポイントなのがカートを獲得している時間です。

 

「5人で販売していれば60分あれば1人のカートを獲得できる時間は12分だ!」

 

そうであればいたってシンプルなのですが、実際はこうではありません。

 

カートを獲得する時間はセラーによって全く異なってきます。

 

5人いたら、12分、12分、12分、12分、12分、ではなくて、5分、10分、12分、15分、18分とか。

 

誰がどう見ても18分間カートを獲得しているセラーの方が販売数は多くなります。

 

カートを獲得するために重要な5つのポイント

 

そんなカートを獲得するためには5つのポイントがあります。

 

ここでは僕が効果が高いと感じている順に5つの項目を紹介していきます。

 

大口出品者であること

 

カートを獲得するために絶対に必要な条件です。

 

大口出品では毎月5000円近くの利用料金がかかりますが、amazon販売を本気で行うのであれば、必ず大口アカウントに切り替えましょう。

 

 

Primeマークがついている

 

Amzonのページを見ると、出品者によってはこの「primeマーク」がついている出品者とそうでない出品者がいます。

 

primeマークがついていると、圧倒的にカートが獲得しやすいです。

 

 

Primeマークを獲得する方法は大きく2つ。

 

1つ目はAmazonでは商品をamazonの倉庫に預けて、販売されたら自動的に出荷されるFBAというサービスを利用すること。

 

このサービスを利用すると購入されてから1~2日以内のうちに商品が発送されます。この方法が一番簡単で、中国amazon販売をする上でも相性が良いのでこの方法を1番におすすめします。

 

 

2つ目は自分で商品を発送する場合に、以下の条件を満たしている場合にprimeマークが適用されます。

 

 

  • ヤマト運輸、日本郵便を利用し、北海道・本州・九州・四国への発送は「お急ぎ便」を利用すること
  • (過去30日の注文に対して以下の条件を満たしている)
  • 予定日までの配送完了率が96%以上
  • 追跡可能率(有効なお問い合わせ番号/伝票番号の入力率)が94%以上
  • 出荷前キャンセル率が1.0%未満

 

かなり条件が厳しく1つでも条件を満たさないとprimeマークが消えてしまうので、1つ目の方法がやはりおすすめです!

 

価格が最低価格である

 

販売価格は最も低い人がカートを獲得しやすいです。

 

例えばこの商品。

 

 

37人販売していますが、1人は商品価格が他の人より高いです。この状態ではカートを獲得できないことはないのですが、獲得している時間はかなり短いです。

 

なので価格は常に最低の価格に合わせて出品していきたいところですが、この最低価格はどんどんと変わっていきます。

 

毎日毎日この最低価格を定点観察して調整して・・・というのはかなり手間ですし、時間がかかるので有料ですが、価格改定を自動的に行ってくれる以下のツールを利用することを絶対的におすすめします!

 

関連記事

プライスターを利用して価格調整を自動化しよう。

 

注意

販売数を稼ぐためには最低価格を狙っていきたいのですが、カートを獲得したいがあまりに、他の人より10円とか下げて販売するのはちょっと注意。

 

一度価格競争をし始めると、他の人も我先にと価格を下げ始めその商品の相場は一気に下落して、共倒れになる可能性が高いので、最低価格に合わせることをおすすめします。

 

 

注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率が低い

 

それぞれの意味はこちら。

 

 

  • 注文不良率・・・購入者に低い評価をつけられた率
  • キャンセル率・・・出品者が発送前にキャンセルした率
  • 出荷遅延率・・・出荷予定日を超えた商品率

 

キャンセル率は無在庫で販売していない限りよほどのことがない限り関係がないでしょう。出荷遅延率もFBA倉庫に商品を預けていれば、全く問題はありません。

 

注意したいのは注文不良率。

 

こちらは商品に不良があったり、出荷の遅れあった時に低い評価をつけられることがあります。

 

あらかじめ商品の不良品が少ない商品を選ぶこと。購入元の評価をみて購入するなどといった対策で、ほとんど対策することができます。

 

 

もし低い評価をもらってしまった場合は以下の記事に悪い評価を消す方法を紹介しますので、悪い評価は必ず消していきましょう。

低い評価が溜まりすぎると、アカウント停止やアカウント閉鎖のリスクがあります。

 

関連記事

Amazonの悪い評価を消す方法

 

 

販売期間が長く、販売数が多い

 

Amazonでの販売期間が長く、販売数が多い方がカートを獲得しやすいと言われています。

 

大きく対策のしようがないですが、資金に余裕があれば「需要が高く利益率の低い商品」はライバルも参入しにくく、販売数を稼ぐことができるので、こういった商品をたくさん販売するのは1つの方法です。

 

まとめ

 

Amazon販売でカートを獲得する方法は以下の5つ。

 

まとめ
  • 大口出品者である
  • Primeマークがある
  • 出品価格が最低価格
  • 注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率が低い
  • 販売期間が長く販売数が多い

 

 

ではでは^^